ポリビニルアルコールの値上げについて

日本酢ビ・ポバール株式会社は、このほどポリビニルアルコール(ポバール)の値上げを決定しました。値上げ幅は、1キログラム当たり30円で、2018年12月1日出荷分からの実施を目指し、お客様との交渉を開始いたします。
ポバールの需給バランスは非常にタイトに推移しており、また、原料のナフサ価格は上昇し、酢酸市況も高止まりが続いている厳しい状況です。

今後、早急にお客様の理解を得て、製品の安定供給体制の維持と採算の改善を図ってまいります。

台風21号による当社への影響について

2018年9月4日に関西地方を直撃しました台風21号により、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

関係者の皆様には、大変ご心配をおかけして申し訳ありません。同台風による当社(堺工場)での人的被害はございませんでしたが、生産設備や物流拠点の設備に強風による損傷が確認されております。

現在、酢ビモノマープラントは約80%の操業率ですが、全面復旧に向けて全力を尽くしているところです。

今後、状況に進展がありましたら、随時お知らせいたします。

ポリビニルアルコールの値上げについて

日本酢ビ・ポバール株式会社は、このほどポリビニルアルコール(ポバール)の値上げを決定しました。値上げ幅は、1キログラム当たり30円で、2018年8月1日出荷分からの実施を目指し、お客様との交渉を開始いたします。

今年1月にも1キログラム当たり30円の値上げを実施いたしましたが、その後も主原料のナフサ(エチレン)、天然ガスなどの原燃料価格は上昇を続ける一方で、ポバールの需給はタイトに推移しております。今後、早急にお客様のご理解を得て、製品の安定供給体制の維持と採算の改善を図ってまいります。

酢酸ビニルモノマーの値上げについて

日本酢ビ・ポバール株式会社は、このほど酢酸ビニルモノマー(酢ビ)の値上げを決定しました。値上げ幅は、1キログラム当たり15円で、2018年6月20日出荷分からの実施を目指し、お客様との交渉を開始いたします。

今年1月にも1キログラム当たり15円の値上げを実施いたしましたが、その後も主原料の酢酸はタイト感が一層強まり価格の上昇が続いており、またナフサ(エチレン)、天然ガスなどの原燃料価格も高止まりしています。酢ビ自体の需給もタイト感を強め国際市況は上昇しているなかで、早急にお客様の理解を得て、製品の安定供給体制の維持と採算の改善を図ってまいります。

酢酸ビニルモノマーおよびポリビニルアルコールの値上げについて

日本酢ビ・ポバール株式会社は、このほど酢酸ビニルモノマー(酢ビ)とポリビニルアルコール(ポバール)の値上げを決定しました。値上げ幅は、酢ビが1キログラム当たり15円、ポバールが1キログラム当たり30円で、2018年1月1日出荷分からの実施を目指し、お客様との交渉を開始いたします。

酢酸、ナフサ(エチレン)、天然ガスなどの原燃料価格が高騰する中、酢ビ、ポバールの需給はタイト感を強めており、早急にお客様のご理解を得て、製品の安定供給体制の維持と採算の改善を図ってまいります。

ポリビニルアルコールの値上げについて

日本酢ビ・ポバール株式会社は、このほどポリビニルアルコール(ポバール)の値上げを決定しました。値上げ幅は、1s当たり15円で、2017年4月21日出荷分からの実施を目指し、お客様との交渉を開始いたします。

ナフサ(エチレン)、天然ガスなどの原燃料価格が騰勢を強める中、ポバールの需給はタイトに推移していることから、早急にお客様のご理解を得て、製品の安定供給体制の維持と採算の是正を図ってまいります。

酢酸ビニルモノマーの値上げについて

日本酢ビ・ポバール株式会社は、このほど酢酸ビニルモノマー(酢ビ)の値上げを決定しました。
値上げ幅は 1kg当たり10円で、2017年2月20日出荷分からの実施を目指し、お客様との交渉を開始いたします。

今回の値上げは、原料のナフサ(エチレン)、酢酸、天然ガスなどの原燃料価格が一段と上昇し、事業採算が急速に悪化していることによります。今後、早急にお客様のご理解を得て、製品の安定供給体制の維持と採算の是正を図ってまいります。

営業部の事務所を移転しました。

営業部の事務所(東京)を下記の通り移転しました。
これに伴い、営業部の電話番号・FAX番号が変更になりますのでお知らせします。

営業開始日:2015年5月25日(月)

移転先
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-4-1友泉淡路町ビル2階
電話:03-6853-5630
FAX:03-6853-5633

医薬グレードポバール “PEシリーズ”の販売を開始しました。

日本酢ビ・ポバール株式会社は、医薬品添加剤協会 のGMP自主基準 に準拠したソフト(製造管理 及び品質管理 )およびハード(構造設備 )の整備を進め、2012年、医薬グレードポバール“PEシリーズ”の製造・販売を開始いたしました。

詳しくはこちら

ナトリウムフリー ポバール PXシリーズの販売を開始しました。

PXシリーズは、ナトリウムを始めとした金属類の含有量が極めて低いポバールです。電子材料等、不純物が問題となるファイン用途のために開発しました。

詳しくはこちら

close