ポバール(PVA) 基本特性

ポバールの特徴

水溶性
ポバールは水溶性ポリマーで、水には任意の比率で溶解します。
ポバール水溶液は適当な粘度を持ち、様々なものに塗工し、乾燥することによって表面皮膜を形成することができます。
耐溶剤性
ポバールはDMSO(ジメチルスルホキシド)などの特殊な溶剤と水にしか溶解しません。一般の有機溶剤、動植物油、グリースに対しては溶解せず、安定です。
接着力
ポバールは水酸基を持っているため、紙、木材のような親水性の表面を持った物質に対して、強い接着力を示します。
化学反応性
ポバールは水酸基を持っているため、アセタール化反応やホウ酸、ホウ砂との反応等による改質を行うことができます。
皮膜形成性
ポバールは造膜性に優れ、フィルムは透明性が高く、高強度、ガスバリア性、防曇性、非帯電性等の優れた特徴があります。
界面活性能
ポバールは親水性の水酸基と疎水性の酢酸基を持っているため、界面活性能を示し、乳化・分散性に優れます。
安定性
ポバールは安定した高分子化合物で、一般環境下では変質や劣化は起こりません。

重合度とケン化度の影響

水溶液粘度

水溶液の安定性

水溶液の表面張力

皮膜物性