JMR 用途例

各種セラミックへの応用

バインダーを使用するセラミックス成形法として、プレス成形、テープ成形、鋳込み成形、射出成形、押出成形等があります。

JMRは、あらゆる無機材料、成形法に使用可能であり、特にアルミナ、ジルコニア等の酸化系無機材料の成形にその特性を発揮します。

[応用例]…プレス成形(一般PVAとの比較)
アルミナを使用したセラミックススラリーの物性及び成形品の性能を汎用PVAと比較した結果を示します。
バインダー JMR-10M JP-05 *1
(汎用PVA)
スラリー濃 度 70% 55%
30℃ スラリー粘度 *2
220 mPa.s 220 mPa.s
噴霧乾燥状態 *3
良好 やや悪い
微粉生成量 *4
少ない 多い
顆粒性状 顆粒形状*5 真球 凹有り *6
含水率 (%) 0.30 0.46
顆粒流動性 良 >
ドライヤー内壁洗浄性 良 >
成形性能 顆粒の
つぶれ易さ
プレス圧
500 kg/㎠
成形物
強度
プレス圧
500 kg/㎠
20.8 kg/㎠ 10.5 kg/㎠

*1 重合度 600 ケン化度 88mol%
*2 B型回転粘度計使用(20 rpm)。
*3 噴霧乾燥温度は、汎用PVAに比べ50〜100℃低く設定してください。
*4 サイクロン捕集量より判定。
*5 [写真]顆粒のつぶれ易さ参照。
*6 濃度を上げると凹が多数発生します。

顆粒のつぶれやすさ

バインダー
プレス圧 JMR-10M JP-05
プレスなし
500 Kg/㎠