易反応性PVA[Dポリマー]

Dポリマーは、水酸基・酢酸基以外の変性基として、反応性の高い“カルボニル基”を有するPVAです。カルボニル基はヒドラジド基やアミノ基と反応性があり、特にヒドラジド系架橋剤とはは反応性が高く、熱水にも溶解しない塗膜・皮膜を形成でき、また、透明性の高いゲルを作製できます。

グレードと品質規格

DF-05 DF-17 DF-20
揮発分(%) 6.0以下
ケン化度(モル%) 98〜99
酢酸ナトリウム(%) 1.5以下
4%粘度(mPa.s) 6±2 23±3 28.5±3

Dポリマーの特徴

  1. 耐水化フィルム・塗膜
  2. 水性ゲル
  3. 後変性による機能性の付与

Dポリマーの使用例

Dポリマーの使用例 図

Dポリマーの使用(概念図)

Dポリマーの使用(概念図)