JMR 代表銘柄

JVPは、幅広い重合度範囲・ケン化度範囲の樹脂製造技術と機能性モノマーの共重合変性技術とを組み合わせることによって、お客様のニーズに合った樹脂の設計・供給を目指していきたいと考えています。

超低重合度シリーズ

銘柄 特性 用途例
HH type
JMR-3HH
JMR-10HH
JMR-20HH
  • 熱溶融せず
  • 水溶性
  • 低粘度
  • 無機材料バインダー
  • ホットメルト接着剤
  • 懸濁重合用分散剤
  • 乳化安定剤 など
H type
JMR-3H
JMR-10H
JMR-20H
  • 溶融温度:高
  • 水溶性
  • 低粘度
M type
JMR-3M
JMR-8M
JMR-10M
JMR-20M
  • 溶融温度:中
  • 水溶性
  • 低粘度
L type
JMR-3L
JMR-6L
JMR-8L
JMR-10LL
JMR-10L
JMR-20L
JMR-150L
  • 溶融温度:低
  • 水に膨潤

超高重合度シリーズ

銘柄 特性 用途例
HH type
JMR-500HH
JMR-800HH
  • 水溶性
  • 高粘度
  • 高強度
  • 耐水性
  • 高強度繊維
  • 高強度フィルム
  • 高強度バインダー など
P type
JMR-500P
JMR-800P
  • 水溶性
  • 高粘度
  • 高強度

JMR typeと重合度、けん化度範囲

各シリーズと重合度、ケン化度の関係 図